残された猫の事

近所の猫を飼われていたお宅のおばあさんが、急に亡くなりました。

いつもお家の猫が具合が悪くなると病院に連れて行ってたのですが、その猫も高齢で癌を患い、長くは無いのです。

あと、若い元気なオス猫がいます。

その上、外猫たちに毎日ご飯をあげていたので、いったいこのおばあさんが何匹の猫たちを育てていたのでしょうか。

残されたおじいさんに、家の中にいる癌の猫と、まだ若いオス猫を 引き取りましょうか との提案をしましたが、
「イヤ、自分でできる!」との返事。

外猫のご飯も自分がやるから 結構だとの返事でした。

うーん、難しい状況ですが、これはこれでおじいさんの生きがいになるかとも思うのですが・・・。

これからは、こちらが見守っていきたいと思います。

それよりも~ 葬式中、近所のお爺さんお婆さんの会話が 腹が立って 腹が立って その人たちを罵倒しそうになるのを必死で我慢しましたよ~

会話① 近所の野良猫に餌なんかやるから、野良猫が寄って来て汚いったらありゃしない。 これで保健所に来てもらって、野良猫みんな捕まえて殺してもらえるなあ。

会話② 家ん中にいる猫、そんなんもう要らんのんとちゃうの。 保健所持って行って 殺してもらったらいいねん。

はあ~???
この会話、飼い主が亡くなった後、残された猫や犬が管理センターに持ち込まれる過程が見えました。

100人程の参列者の中で、1人ぐらいそれは間違っているという、爺さん婆さんがいないのかと 聞き耳を立てていましたが、いませんでした

保健所は引き取りには来てくれないので 外猫たちはこのままでしょうが、おばあさんが居なくなったので 外猫に害を与え兼ねない爺さん婆さんに、これからは目を光らせることにします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それは!

それは腹が立ちますね❗
動物を家族にしたことがない人には分からないんでしょうか。
ただの動物じゃないんです。我が子なんです。
ミーナ母さん、よく辛抱されましたね。
猫ちゃん達の無事を心から祈ります。
どうか平和に暮らせますように。

プロフィール

ミーナまま

Author:ミーナまま
保護団体から来た猫ミーナは現在6㌔に!
それがきっかけで、保護仔猫たちを育てる事になったお母さんの話。
それに今では、毎月1回❣猫の譲渡会を神戸三宮で始めました。

最新記事
最新コメント
いつでも里親募集
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者用