寝る、アムロ君 ・ プラス

P1300408[1]
我が家の アムロ君~

ちょっと、話し
現在、我が家から新しいお家に行った、ふじこちゃんが里帰りをしています。
そこの先住猫の、ゴクウ君も一緒です。
我が家から出て行って数年!すっかり すっかり、ワタシのことは忘れて、知らん家に来たー!知らんおばちゃんが怖い―!状態です。
フジコちゃんは、3日間!飲まず食わず!
次の日、部屋中逃げまどっては カーテンレールや、本棚の上からビビりオシッコを 噴水発射をしていました。

先住猫のゴクウ君は、帰りたい一心で、カギをこじ開け、3重にしている窓のロックもこじ開け、窓を開けました!(゚д゚|||)!
心臓が飛び出るほどビックリして、猫パンチを受けながら窓を閉めました。
さあ、それからは大変です!
大きな大人のオス猫は、こちらを敵?変な人間?怖いオバちゃん?と思っているので、部屋に入るだけで こちらに大きく口を開けてシャー、爪を出した猫パンチで飛び掛かって来ます。
一歩も、部屋に入れませんが、また、窓を開けかねません。
ドキドキもんで、バスタオルを片手に、一瞬のすきに首根っこをつかまえて、大きなケージに入れました。

フジコちゃんもと思いましたが、バスタオルをっ持って近づくだけで、鼻血が~~~~~(>_<)
自由に過ごしてもらい、そっとご飯を置いて4日目、ご飯が少し減り、トイレには使った形跡がありました。
部屋のどこかに居るのでしょうが、気配を消して潜んでいます。

恐がりの猫さんは、飼い主さんが居ないとか、場所が変わるだけで、ご飯を1週間でも2週間でも食べないそうです。
水さえ飲んでいれば生きられるという事ですが、腎臓や肝臓を悪くしてしまうとか。
無事にこの子たちを家族に返すまで、どうかどうか、猫の神様~!!!猫たちとの距離が縮まるように、力を貸してください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーナまま

Author:ミーナまま
保護団体から来た猫ミーナは現在6㌔に!
それがきっかけで、保護仔猫たちを育てる事になったお母さんの話。
それに今では、毎月1回❣猫の譲渡会を神戸三宮で始めました。

最新記事
最新コメント
いつでも里親募集
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者用