じいさん、虹の橋を渡りました。

P1480737.jpg
俺、元の飼い主のおばあさんとこ 行くわ。
バイバイなぁ~!


先々週からご飯をあまり食べなくなり、病院に連れて行くと、老衰が原因と言われました。
食べなくなって、ウオーウオーって夜中にクルクル回りながら叫ばなくなり、とうとう先週は水もあまり飲まなくなりました。
その間、毎日濃いめのミルクをシリンジで飲ませてました。
でも、今度こそはお迎えが来たんだと思って、体を櫛でといたり、顔をタオルで拭いたりキレイにしていました。(本人はすごく嫌がりましたが)
もう、立てず、次の日には起き上がれず、次の日は寝たままで、その次の日に亡くなっていました。
たぶん、我が家に来た時には21歳くらいとのことだったので、23歳くらいの年になって、老衰で眠ったままの最後でした。
我が家には飼い主のおばあさんが亡くなり、親族の人が神戸市動物管理センターに持ち込んだとの事でした。
本来ならばそのまま殺処分でしたが、縁があって、というか、とても人慣れをしてて、譲渡対象として引き取って欲しいとの依頼でやって来ました。
でも、見るからに目も白内障で見えず、耳も聞こえず、体は老化でやせ細り、足元もふらつくほど年寄りの猫で、おまけにエイズ陽性で、譲渡をするにはとても!かなり!すごく!厳しいお年寄りの猫でした。
年も年だし、そんなに長くはないだろうからと、看取りの引き取りとして我が家で最後まで見るつもりで、たぶん1年も生きられないだろうと思っていました。
でも、何度も危ない状態になりながらも復活して、ご飯もいっぱい食べて、大きな声で吠えて、存在感は誰よりも大きくて、寿命まで全うして、おばあさんのところに帰って行きました。

スポンサーサイト

3姉妹とキジのぶんぶん君のその後のこと

P1640193[1]
ウチ、なんかしんどいけど、何でも 興味 はあるねん

P1640206[1]
チョット寝よ~っと z z z

P1640247[1]
ん? みんな 何してるん?

P1640213[1]
オカン、これ何か変な においする~
お母さん 「 それはね、みんなの ○○○ が入っている ゴミだよん。」

黒の女子ですが、もうちょっとした事で てんかん の発作を起こします。
昨日は、20回くらいは起こしたかと思います。
カーテンを開ける、寝ている周りで猫や人が動く、自分が上から飛び降りる、等々、脳の病気なので、どうすることも出来ずに、そっと見守るだけです。

P1640225[1]
オカン~ウチ、抱っこして欲しいねん

片肺でも元気で、ずっと走り回っています。
心臓は隅ずみまで調べてもらった限りは、全く問題は無くて、普通の猫として生きますよ!って先生に言ってもらったので、安心して育てられます。

P1640219[1]
ワタシは絶好調やし、走るわ!

まあ、まあ、元気で姉妹でずっと走って、キャットタワーに登って、元気いっぱいです。

P1640260[1]
ボクも、絶好調やでぇ~

ぶんぶん君、体の麻痺がかなり ひどくなってきました。
後ろ足が ブラン ブラン なため、歩くだけで オシッコが出てしまいます。
抱き上げるとジャー!な状態ですので、とうとう 昨日から、オシメを履かせてみました。
猫なので 嫌がってすぐに 取ってしまうんでは?っと心配しましたが、全然平気です。
どうも、お尻も感覚が無くて、オシメを履かせられているのも、わからないようです。
一体どこまで麻痺してしまうのか、この先のことを考えると不安です。

ビジュ君、帰宅して行く。 & じいさん、風邪をひく。

P1640093[1]
お兄さん、帰るん?
イヤ知らん~・・・あっふっふっ~


P1640107[1]
ここ、おもろかったし、また来てもええか~

すっかり我が家に慣れて、仔猫たちとも一緒に寝たり、一緒にご飯を食べたり、一緒にボールを追いかけたり、仲良く暮らせていました。
抱っこをしたり、名前を呼ぶだけでゴロゴロ言う、とっても優しいお兄さんでしたので、子猫はさみしいみたいです。


P1640138[1]
しんどいぜ!しんどいぜ!

P1640139[1]
もう、何もしたくない。

じいさん、昨夜から今朝のいきなりの寒さに風邪をひいてしまったようです。
寒くなる前に、じいさん用のあんかを入れて、対策はしていたのですが、その上には居ず、横の寒いペットシーツで眠るんです。
鼻水と鼻詰まりでビフビフと鼻から鳴り、臭いがしないのでご飯を食べてくれません。
今日は濃いめの仔猫ミルクをシリンジで飲ませると嫌がり、結局は病院で点滴を受けてきました。
明日には治っているでしょうか?
弱ったじいさんは、寝たままシッコをして、ウンチは柔らかく、エライことになっています!

黒と三毛の姉妹の病気のこと

昨日は、今年初めての譲渡会でした。
その夜に、黒い女子が口から泡を吹いて、手足を伸ばしたまま、痙攣し始めました!
応急処置で、砂糖水を飲ますと少し治まりましたが、次の日の朝にはまた、痙攣&嘔吐&下痢のトリプル~!!!
病院での診断は、てんかん発作でした。
でも、この発作と下痢とで体力を使ったのか、体重が800gあったのが、600gまで減ってしまいました。
本当にちゃんと育つのかと心配です。

P1630797.jpg
なんかなぁ~、ウチのからだ 変やねん
何でかなぁ



P1630500.jpg
ウチ、時々、しんどうなるしぃ

P1630498.jpg
今日、いっぱい検査されてん
恐かったわ~ぁ


三毛の女子ですが、たろう君の病院に行くついでに詳しい検査をしてもらいました。
センターからウチに来た時から、呼吸が速くなったり、止まっているように見えたり、どこかが悪いのでは ?って思っていました。

結果は、左の肺がペッチャンコで機能をしていず、そこに心臓が入っているというか、心臓が左側に寄ってしまっていました。

先生は、肺は1つでも機能していれば 何の問題も無く生活できますって言われ、心臓の場所に関しては気にしなくていいと言われました。
そのまま大人になって、生活に支障が無ければ普通の猫ですと!

それなりには大きくなっていて、700gから増えなかったのですが、今日は800gを超えていました。

この姉妹は今日で3ヶ月と20日ですが、いつになったら1kgを超えて、ワクチンを打てるのでしょうか?

兄妹そろって、アカンことしてる~

P1630837[1]
ここなあ、オカンが上ったらあかん!って 言われてる
ところやでぇ
ウチ、ここの子と ちゃう から そんなん 知らんもん


P1630859[1]
ボクは ここン家の子やから、怒られるしぃ

P1630850[1]
フ~ン

P1630854[1]
オカン、怒る?怒る?怒る?

P1630864[1]
なんか 今日は エエみたい(ホッ)
じゃあ、ウチは この上 ウチの陣地って、決ぃ~めたぁ!



茶トラの男の子、今年初めての譲渡会に参加をします。
今までは、小さくて虚弱だったので、去勢手術をするまで我が家で育てていました。
手術も済んで、自己主張も出来るようになったので 里親募集を始めました。

猫の譲渡会_2019年1月
プロフィール

ミーナまま

Author:ミーナまま
保護団体から来た猫ミーナは現在6㌔に!
それがきっかけで、保護仔猫たちを育てる事になったお母さんの話。
それに今では、毎月1回❣猫の譲渡会を神戸三宮で始めました。

最新記事
最新コメント
いつでも里親募集
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者用